ベランダの有効活用方法

ベランダといっても

★ 男性 39歳
ベランダといっても、それぞれの家によって広さや屋根やカベがどのような感じで配置されているかが、詳細に把握できないので一概には言えませんが、ベランダで有効活用する方法の1つとしては、やはり野菜のガーデニングを挙げたいと思います。
というのも、野菜つくりというのはこまめな管理が欠かせませんが、心を潤せる作業の1つだし、収穫できたら食べられるので、費用対効果の高い活用方法になり得るからです。
もっとも、ベランダというのは庭に比べて狭いので、作れる野菜は小規模なモノに限られます。
その代わり、至近に屋根やカベがあるので、直射日光の影響を庭に比べて抑えることが可能になるというメリットもあります。小規模で日当たりしすぎると収穫時にダメになりそうな野菜、たとえばサニーレタスやバジル、ネギなどを植えると効果の高い活用になると思います。
その次のベランダの有効活用として、ラジオのアンテナ置き場として利用することです。
というのも、木造住宅の場合だとあまり関係ないですが、鉄筋のコンクリート住宅だと、ラジオの電波が室内にあまり入ってこなくて聞こえないという事例が多発しているからです。

そのため外部のアンテナをベランダに置いておくと、電波を拾いやすくなって聞こえやすくなるので、アンテナ置き場として利用するのです。

ただし、雨の日などはアンテナが濡れ、故障の可能性が大きくなるので、アンテナ置き場としては雨が降らない日に限定するか、耐水加工をする必要があります。

Copyright (C)2017ベランダの有効活用方法.All rights reserved.